2018W杯開催国としてロシアの実力はいったいどうなのか? 

4年に1回のワールドカップはいつもサッカーファンたちの期待です、 あっという間に、2018年ロシアワールドカップの足どりが近づいてきた。 昨年の予選では、イタリア、オランダ、チリ、アメリカなどの強い国に別れを告げた。 しかし、多くのなじみの顔がFIFAワールドカップには縁がないためだからこそ、ロシアの未知感が満ちている。 開催国としてロシアの実力は?状況はどうなのか? 何を望み、どんな可能性を秘めているのか? 予測不能な潜在能力があるのか?皆さんも一緒に目をこらして待ちましょう! ロシアは今も昔も「頭では理解できない謎の国」と言われる。栄華と混乱、文明と野生が同時に存在し続けるこの大国では、ワールドカップの準備状況の全容を把握することも簡単ではない。 自国開催が決定してからの7年間、ロシア社会の変化は目覚ましい。交通機関や商業施設、ホテルのほとんどが真新しくなり、以前は何をするにも手間と時間がかかっていたことが、現在はハイテク化が進んで驚くほど便利でスムーズになった。閉口するほど汚いトイレや、いつ黒煙を上げて止まってもおかしくはないバスなど、ソ連時代から見られた数々の“異文化”は過去のものとなりつつある。 各開催都市では町のいたるところに大会関連のバナーが登場し、小学校の入学式でフットボールをモチーフとしたセレモニーが行われている。こうした、国を挙げてのPR活動は今後さらに広がっていくだろう。ソ連崩壊後からしばらく、ロシアにおいてフットボールはフーリガンの暴動ばかりが注目される負の象徴のようなスポーツだった。しかし、W杯効果でロシア全土に児童向けのフットボール施設が整備され、競技人口が増加。地元クラブへの関心が高まり、奇麗なスタジアムやスポーツバーでの観戦が、クリーンでスタイリッシュな文化として根付いてきた都市もある。 いるんなロシアと関係があることを了解しました、これからは開催国としてロシアのサッカーを見てみましょう! 革命から100年、ロシア代表が「ソ連」推しのW杯ユニフォーム ▏Russia 2018 adidas Home 新しいユニフォームは、旧ソ連時代のソビエト連邦代表が着用した1987-88モデルにインスパイアされている。 1988年のソウルオリンピックに出場したソビエト連邦代表は、adidas製の1987-88モデルを着用し、決勝戦でロマーリオを擁するブラジル代表を下して金メダルを獲得。現ロシア連邦を含めても、サッカーではこの五輪優勝を最後にタイトルから遠ざかっている。 肩のスリーストライプスとアームホール部分にホワイトを配したデザインが、記念すべき87-88モデルを再現。 100%ポリエステル素材だが、環境に配慮してリサイクルポリエステルを49%使用している。 ロシア国章に描かれている“双頭の鷲”のエンブレムは、新ユニフォームでも変更なし。 パンツはホワイトを基調にレッドのスリーストライプス。ソックスはレッドを基調にブルーとホワイトのボーダーでロシア国旗を表現。ソックスの前面にはロシア語の国名、裏面にはadidasロゴのグラフィックが入る。 双頭の鷲のグラフィックとともにプリントされているのは“Вместе к победе”(勝利を共に)。 ロシア代表、W杯アウェイユニフォームは「国の歴史へのオマージュ」 シャツ全体のドットが目を引くが、adidasによればこのデザインはロシアの代表的な建築物や工業都市を、敬意を込めてドットグラフィックで描いているという。重工業で発展した旧ソ連(ソビエト連邦)時代へのオマージュということらしい。 ▏Russia 2018 adidas Away ホワイトを基調にグレーのグラフィック、そして首周りやスリーストライプスのダークブルーという色の組み合わせが、どこか冷徹な雰囲気を漂わせる。ロシア代表が今回のようなドットグラフィックを採用するのは初めて。 エンブレムのデザインはロシア国章とほぼ同じで、かなり荘厳なデザイン。“双頭の鷲”は1,200年代のモスクワ大公国時代から国章に使われている。中央の“槍を持った乗馬騎士”はモスクワ市の紋章だ。 こちらはadidasがリリースしたアウェイキットのパンツとソックス。パンツはブルー、ソックスはレッドを基調としている。ソックスの前面にはロシア語で国名のグラフィックが入る。 オンラインショップ骑士サッカーでは2018ワールドカップ 各国のサッカー発売中、ぜひご利用ください! では、最後までお読み頂きありがとうございました!

Continue Reading